ホーム>メニュー>縮毛矯正

縮毛矯正

地毛のような自然なストレートヘア

ブローで内巻きにすることもできるナチュラルストレートが可能です。
一般的な縮毛矯正やストレートパーマだと、不自然に根本がつぶれてしまったり毛先がまっすぐになり過ぎてしまいます。VIVACEのオーダーメイド矯正では、お客様1人1人に合った薬剤コントロールやアイロン施術方法により、持続力に優れたナチュラルストレートが可能です。

一般的な縮毛矯正との違い

毛髪を構成する全18種類のアミノ酸をたっぷりと補給しながら髪の毛に過度なストレスをかけずに丁寧にクセやボリュームを取り除きます。髪質にも1人ひとり 個性があります。1人の髪の毛だけでも、部位により髪質やクセの強さも異なります。
髪に適した薬剤の塗り分けや、アイロン操作、温度管理によりつややかで、いつまでも触っていたくなるようなしなやかな髪になります。
また、髪に薬剤の成分が残ったままアイロン操作をしてしまうとダメージにつながります。VIVACEでは薬剤の残留がないように、きちんと分解し洗い流します。

カウンセリングでイメージを共有しましょう

クセがあるから。といってストレートにすることだけが正解ではありません。
ヘアスタイルに活きてくるクセもあります。誰にでも同じ施術が有効とは限りません。VIVACEでは、施術前のカウンセリングを大切にしています。クセの種類、髪質やアレルギー、敏感肌などきちんと理解したうえでより良い仕上がりにつながっていきます。
最適な施術方法を選択し、いつまでもきれいが持続するようなご提案をさせて頂きます。

優れたトリートメント補修効果

化学反応を起こした髪の毛は、毛髪主成分であるケラチンタンパク質が流出してしまいます。
ケラチンタンパク質とは、18種類のアミノ酸から構成されています。
この全18種類のアミノ酸を髪の毛と同比率のバランスでしっかり補給し、ナノモイスチュアスチームを使用することにより浸透率を高めます。

アフターケアについて

VIVACEで施術したナチュラルストレートをより美しく持続して頂くためにご協力下さい。
※24時間はシャンプーは避けて下さい。 入浴や洗顔の際には、シャワーキャップやターバンなどの使用をお勧めします。髪の毛がぬれてしまった場合は、必ず乾かして下さい。

※24時間は髪にクセ跡がつくような行為は避けて下さい。

ゴムできつく結ぶことや、カチューシャやバレッタなどの使用は避けて下さい。また、耳に髪をかける行為も控えて下さい。化学反応(パーマ・カラー等)を起こした髪の毛は、化学反応を起こす前の毛髪強度に戻るまで、7〜10日間程かかります。
縮毛矯正直後の毛髪はデリケートな状態ですので、やさしくお手入れして下さい。

《日々のお手入れの注意点》

シャンプー後はしっかりドライヤーで乾かして下さい。
濡れたままの髪の毛はキューティクルが開いているので、デリケートな状態です。そのまま寝てしまうと、髪の毛同士や枕などと摩擦が起きるためキューティクルが剥がれ、髪の水分量が減少しパサつきの原因となります。

髪を傷めずにドライヤーをかけるポイント

  • 1

    やさしく・しっかりタオルドライをしましょう。
    髪は擦らずに、タオルではさんでポンポンと軽く水分を押し出しましょう。

  • 2

    ドライヤーの風は頭皮からあてましょう。頭皮が生乾きだと雑菌が発生します。においの原因や炎症などのトラブルを起こします。頭皮からドライヤーまでの距離は、15〜20cm程離し同じ所ばかりあてないよう、ドライヤーを揺らしながらが風をあてていきましょう。

  • 3

    9割ほど乾いたら、ドライヤーの風を上から下に向かってかけましょう。キューティクルはうろこ状に、上から下へ向かってついています。この向きに逆らわないように風をあてましょう。最後の仕上げに冷風をあてると、キューティクルのしまりがよくなります。

VIVACEの縮毛矯正

  • 地毛のような自然なストレートヘア
  • 一般的な縮毛矯正との違い
  • カウンセリングでイメージを共有しましょう
  • 優れたトリートメント補修効果
  • アフターケアについて

VIVACEではお客様の髪質改善を実感していただくため、初めてより三度お越しいただけるキャンペーンを行っております。 初回限定キャンペーン

ページ上部へ